東北SDGs研究実践拠点

2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

東北工業大学は、「保健(健康福祉)」、「科学技術イノベーション」そして「持続可能な都市」などの17のゴールを定める世界共通の取り組み「SDGs」に賛同し、以下の3つのコア研究テーマに重点的に取り組む「東北SDGs研究実践拠点」の形成を、皆さまとともに進めています。

1. 防災・減災技術研究拠点

東北工業大学は、1978年の宮城県沖地震や2011年の東日本大震災など、様々な災害を乗り越えてきた防災減災研究に長年の実績と蓄積があります。そして、これからの気候変動等への対策についても様々な研究が推進されています。

拠点のSDGs目標

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 平和と公正をすべての人に

拠点の研究所

  • 制振工学研究所
  • プレアデザイン研究所
  • AiR 研究所
  • 地域のくらし共創デザイン研究所
  • ICTシステム研究所
  • 知能ロボティクス研究所
  • IoTテクノロジ研究所
  • 東北景観研究所

拠点の関連研究テーマ

科研費等競争的外部資金関連研究テーマ
  • 「巨大地震時の超高層免震構造物の破壊メカニズム」
  • 「実構造物による免制震装置の補修方法の有効性検証、新たな提案及び同定手法の研究」
  • 「仙台における都市気候観測網再構築に基づく将来都市気候の統計的ダウンスケーリング」
  • 「危険性自己発信機構を有するあと施工アンカーの開発と実建物への適用可能性の検証」
  • 「人体装着型皮膚感覚システムの開発および社会実装と国際貢献への挑戦」
  • 「直流式小型機密測定器の実用化」
  • 「再構成可能な触覚センサシステムを用いた接触評価法の創成」
  • 「6脚クローラ型ロボットの学習と注視機能による自律作業」
  • 「LC-Boosterを搭載したカプセル型低侵襲磁気ハイパーサーミア素子の開発」
  • 「マルチセンシング情報を用いる屋内位置推定法に関する研究」
  • 「AR技術を用いたワイヤレス給電システムの可視化に関する研究」
学内公募研究
  • 「効率的なフォレンジクスのための非ユーザ主導型通信の観測と分析」
  • 「東北地方の屋敷林の樹木構成の実態と地域資源としての存在意義」
  • 「深層学習を用いたアクティブ制御の自己最適化方法」
  • 「多脚クローラ型ロボットによる自律作業動作制御の研究」
  • 「構造ヘルスモニタリングのための変位観測システム及び同定手法の確立」
  • 「高効率・低コストを両立する環境発電デバイスの研究開発」
  • 「ワイヤレス給電システムの開発」
  • 「天井フィン冷房システムを用いた室内温熱環境設計手法の開発」

2. 医工学・健康福祉研究拠点

超高齢化社会を迎え、健康に長く生きることのできる豊かな社会が求められています。幅広い工学分野の先端技術を結集して医療・福祉機器の開発を行う医工学研究(工学部)や、医療・福祉・保健を中心としたまちづくりによる地域環境および居住環境の質の向上などの福祉住環境の研究(建築学部)、さらに人間の幸福感を追究する人間科学研究(ライフデザイン学部)といった、医療・健康福祉の増進・向上により持続可能な社会の実現に貢献することを目的とした、本学のオリジナリティーに溢れる多彩な分野からなる研究拠点です。

拠点のSDGs目標

  • 貧困をなくそう
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも 経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう

拠点の研究所

  • 生体医工学研究所
  • AiR 研究所
  • Well-Being 研究所
  • 北欧デザイン研究所
  • 地域のくらし共創デザイン研究所
  • 知能ロボティクス研究所
  • IoTテクノロジ研究所
  • ICT教育活用研究所

拠点の関連研究テーマ

科研費等競争的外部資金関連研究テーマ
  • 「ヒト大脳皮質オルガノイドの機能を指標とした薬効評価法の開発」
  • 「化学発光増強効果を利用した超音波タグ生体光断層画像計測技術の研究」
  • 「上腕動作をトリガーとして発話の運動指令を制御するMotion-To-Speech」
  • 「脳活動・眼球運動計測に基づく協調作業で生じる「場の空気」の可視化に関する研究」
  • 「ナノ多孔材料を用いた高感度気体簡易測定法の確立と生体ガス測定への応用の研究」
  • 「共生社会における当事者視点を踏まえた認知症に配慮した環境デザイン手法の分析と開発」
  • 「ナノ多孔体を用いた呼気アセトン分析チップの研究開発」
  • 「リハビリ用歩行車による足の不自由な方の歩行訓練評価のIoT化検討に関する研究」
学内公募研究
  • 「人工知能技術による補完機能を有するヒト感覚拡張システムに関する研究」
  • 「波長0.7μm帯医用高安定サブナノ秒パルスレーザーの研究」
  • 「多孔質ガラス内での化学反応解析」
  • 「酸素濃度計測に基づいたウシ乳房炎診断を目的とした簡易検査システムの開発」
  • 「省エネかつ高出力紫外線発光デバイスの研究開発」
  • 「ウェアラブル呼吸センサを用いた応用研究」
  • 「企業ニーズに基づいたAI開発」

3. 地域・地場産業振興研究拠点

本研究分野は、地域の自立(自律)を目指すことから、有形無形の地域資源活用のための調査から評価分析及び与条件設定とその活用展開(産業振興に関しては商品開発・流通開発等)を対象地域との協働による実践的研究を推進する拠点です。

拠点のSDGs目標

  • 貧困をなくそう
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも 経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

拠点の研究所

  • マーケティングサポート研究所
  • 生業景デザイン研究所
  • 東北産業デザイン研究所
  • 地域のくらし共創デザイン研究所
  • AiR 研究所
  • ICTシステム研究所
  • 知能ロボティクス研究所
  • IoTテクノロジ研究所
  • 東北景観研究所

拠点の関連研究テーマ

科研費等競争的外部資金関連研究テーマ
  • 「明治時代の地方城下町における名匠の作風形成と弟子たちの継承」
  • 「ルーラルワークプレイスの基礎的研究―その近現代史と活用保全の要件」
  • 「WEBミュージアム構築による歴史的町並みのヘリテージ・ツーリズムと商店街振興の連携」
  • 「学生参加によるマーケティングサポート」
学内公募研究
  • 「散居地方の生業景とルーラルデザインの再考―ワーク・ライフ・ジョイの近代と近未来―」
  • 「弘前市仲町伝統的建造物群保存地区における地域協働型の木工看板・展示デザイン」