事業内容

地域未来構築事業地域連携センター(CRC)

東日本大震災の発生から10年という歳月が流れました。
ポスト3.11の地域未来の形を創造すると共に、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指すSDGsの目標達成を期し、共存共創のスタンスで様々な事業を展開いたします。
主な事業内容として、人材育成を主とした講座事業、地場産業や伝統工芸産業の発展的継承を含めた地域産業支援を実施いたします。

地域未来の形を創造するため、地場産業の更なる発展と人材育成を目的にした講座を開設いたします。また、東日本大震災を教訓とする防災や災害伝承、そしてサスティナブルな社会に求められる環境問題を考える「地域未来学」を開講します。併せて地域課題解決のためのSDGs型講座や地場産業との連携による生業形成、後継者育成に重点を置いた講座も実施して参ります。

脱炭素やウィズコロナという新たな社会構造の構築が求められています。本学の取り組むSDGs実践拠点を核として、地域産業支援事業では、研究、社会貢献、人材育成を軸に地場産業、伝統工芸産業の発展的継承等を意識しながら、協定締結機関との連携活動を推進し、宮城県や東北地方の特色ある地域づくりを目指した支援を行います。