事業概要

地域連携センター(CRC : Center for Regional Collaboration)

地域連携センター(Center for Regional Collaboration:CRC)は本学50周年の節目の2014年4月に発足しました。本学がこれまで培ってきた教育研究資源を積極的に活用しながら、地域と連携協働して、地域振興、産業振興等の実践的活動を支援し、地域の課題解決や活力創出に貢献する事業を展開しています。
また、「学都仙台コンソーシアム 復興大学」の事務局を担い、事業の統括、ならびに、「復興人材育成」「企業ワンストップサービス」の2事業を運営しております。
併せて、より地域に開かれた大学としての役割を果たすべく、本学のサテライトキャンパスである「一番町ロビー」の管理運営業務も行っております。

主な業務

研究支援センター(RSC : Research Support Center)

研究支援センター(Reserch Sopport Center :RSC)は本学における研究推進の気運の高まりを受け、2018年4月に地域連携センターの「研究・知財支援」業務を独立し、その推進を担う役割のため設立しました。研究活動の活性化及びブランディング化を推進することを目的として、企業及び各種団体との共同研究や受託研究を推進し、また科研費等の外部資金研究開発推進、知的財産権に係る支援等を行っています。

主な業務

二つのセンター「CRC」「RSC」を地域産学官連携活動の両輪として、地域社会における新しいものづくり、ことづくり、まちづくり、ひとづくり等になお一層貢献していきます。